給湯器の水漏れ修理は業者依頼が賢明?

給湯器の水漏れ修理は業者依頼が賢明? 昨今、給湯器は生活必需品であり、1年を通して快適に過ごすお手伝いをしてくれます。昔は蛇口からは水しか出ないことが当たり前であり、お風呂も水を入れてから沸かすという面倒な作業が必要でした。しかし、今ではこの給湯器のおかげで、ボタン1つ押せば温かいお湯が出るようになり、自動で温度や湯量を調整する機能があるなど、お風呂を簡単に入れることができるようになりました。現在は一家に一台というレベルで設置されています。ただ、給湯器は毎日使用するものなので、その使用環境は過酷そのものです。屋外に設置されることも多いため、どうしても故障をしてしまいがちです。トラブルの代表例が水漏れです。水漏れを修理する場合、業者に依頼をすることが多いですが、自分で修理ができるケースもあります。

■状況によっては自分自身で修理をすることが可能

簡単な修理であれば、業者に頼らずとも自分自身で修理をすることはできます。代表的な修理はパッキンの交換が挙げられます。給湯器の水漏れ部分を特定し、止水栓を閉めたら、後は交換をするだけです。給湯器本体の外側であれば簡単に交換をすることができますが、内部からの水漏れは素人では難しいことが多いです。内部はやはり複雑な構造となっているため、素人が作業を行うといろいろな危険性が生じてしまいます。そのため、素直に業者に依頼をすることを強くおすすめします。ここではパッキンを例に挙げましたが、他のトラブルでもケース・バイ・ケースで業者を上手に利用をしていくと良いでしょう。

■基本的には業者へ依頼をすることが安心
簡単な作業に関して言えば、自分自身で行うことが可能で、問題なく作業を完了させることもできます。その後、長い年月、問題は起きないこともあります。しかし、それでもやはり業者に依頼をした方が一番安心ということは変わりありません。お金をもらって作業をする、いわゆるプロなので仕上がりの品質は高いです。もちろん費用が発生してしまうところではありますが、その分、安心を買うことができます。つまり、コストパフォーマンスのことを考えれば、高い効果を発揮してくれると言い換えることができます。

■業者へ依頼をするときにはしっかりと内容を伝える

依頼する側としてやるべきことは、正確な情報を業者側に伝えることです。給湯器の水漏れの状況をしっかりと伝えることができれば、業者側もしっかりと準備をすることができます。しっかりと伝えることで得られるメリットは「円滑に作業を進めることができる」という点です。現地に到着した後、すぐに作業へ取り掛かることができるため、依頼した側も業者側もスピーディーに対処をすることが可能となります。また料金の見積もりも正確に行うことができるため、事前に料金を把握することができます。業者へ連絡をして依頼をするときに「どのような情報が必要なのか」と先に確認をしておいて、その情報を調べてから改めて連絡して依頼をすると良いでしょう。なるべく正確で濃い情報を伝えることが大切です。

■まとめ
給湯器の水漏れを自分自身で修理をすることは確かに可能です。簡単に行うことができるパーツももちろんあります。ただ、業者へ依頼をすることで、正確で確かな修理をしてもらえるようになります。費用が発生してしまうデメリットはありますが、その分、確かな安心を手に入れることができます。また依頼をするときには、断片的な情報だけではなく、業者側が知りたい情報を集めて連絡をするようにしましょう。正確であれば業者がスピード感を持った作業を行うことができるからです。見積もり額の正確性が向上するというメリットもあるため、しっかりと伝えるようにすることが大切です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース